”心に栄養補給を!”から

こんにちは。姫路城を眺めながらカウン

セリングもやってます。

心理カウンセラーのヒロシです。

今年の春、姫路市保健課が主催する食育

研究交流会があり、参加しました。そこでの

繋がりの1つに田植え体験があった。

そしてまた、違う繋がりからの異業種交流

会で知り合ったから“心に栄養補給を”とい

う冊子を頂き、その内容に感動したので、

そのままをここに投稿します。

『やさしさ通心!!』”心に栄養補給を!”から。

タイトル:心を込めて『いただきます』『ごち

そうさま』を・・・

その絵本の帯に、ひとりの名も無い主婦

のメッセージが書かれていた。「朗読を

聞いて、うちの娘が食事を残さなくなり

ました」

絵本に食肉加工センターの「坂本さん」

と言う人が登場する。実在に人物である。

坂本さんの職場では、毎日毎日たくさん

の牛が殺され、その肉が市場に卸されて

いる。牛を殺すとき、牛と目が合う。その

たびに坂本さんは、「いつかこの仕事を

辞めよう」と思っていた。

ある日の夕方、牛を荷台に載せた一台

のトラックがやってきた。

「明日の牛か・・・」と坂本さんは思った。

しかし、いつまでたっても荷台から牛

が降りてこない。不思議に思って覗いて

みると、10才くらいの女の子が、牛のお

腹をさすったりしながら何か話しかけて

いる。その声が聞こえてきた。

「みいちゃん、ごめんねぇ。みいちゃん、

ごめんねぇ・・・」

坂本さんは思った。

「見なきゃよかった」

女の子のおじいちゃんが坂本さんに

頭を下げた。

「みいちゃんはこの子と一緒に育てまし

た。だけん、ずっとうちに置いとくつもり

でした。ばってん、みいちゃんば売らん

と、お正月が来んとです。明日はよろし

くお願いします・・・」

「もうできん。この仕事はやめよう」と思

った坂本さん、明日の仕事を休むこと

にした。

家に帰ってから、そのことを小学生の

息子のしのぶ君に話した。しのぶ君は

じっと聞いていて一緒にお風呂に入っ

たとき、しのぶ君は父親に言った。

「やっぱりお父さんがしてやってよ。

心の無か人がしたら牛が苦しむけん」

しかし、坂本さんは休むと決めていた。

翌日、学校に行く前に、しのぶ君はも

う一度言った。

「お父さん、今日は行かないけんよ!

(行かないといけないよ)」

坂本さんの心が揺れた。

そして渋々仕事場へと車を走らせた。

牛舎に入った。坂本さんを見ると、他の

牛と同じように、みいちゃんも角を下げ

て威嚇するポーズをとった。

「みいちゃん、ごめんよう。みいちゃん

が肉にならんとみんなが困るけん。

ごめんよう」と言うと、みいちゃんは坂

本さんに首をこすり付けてきた。

殺すとき、動いて急所を外すと牛は苦

しむ。坂本さんが「、じっとしとけよ、じっ

としとけよ」と言うと、みいちゃんは動か

なくなった。次の瞬間、みいちゃんの目

から涙がこぼれ落ちた。牛の涙を坂本

さんは初めて見た。~~~~~

その小学校では(熊本県)では、助産

師として日々キラキラ輝くいのちの誕

生の瞬間に立ち会っている内田美智

子さん(福岡県行橋市)と、酪農家が

心を込めて育てた牛を毎日解体して

いる坂本さんのお二人をお招きして、

「いのち」のお話を聞くという授業をし

たのだった。

その絵本は、坂本さんの話を聞いて

感動した内田さんが、坂本さんにお願

いして出版させて貰ったのだそうだ。

その「いのちをいただく」(西日本新聞

社)のあとがきに、内田さんはこう書い

ている。「私たちは奪われたいのちの

意味も考えず、毎日肉を食べています。

自分で直接手を汚すこともなく、坂本さ

んのような方々の悲しみも苦しみも知ら

ず、肉を食べています。

『いただきます』『ごちそうさま』を言わず

にご飯を食べることは私たちには許され

ないことです。感謝しないで食べるなん

て、許されないことです。食べ残すなん

てもってのほかです・・・」

 

考えてみたら、冷蔵庫って食べ物を腐

らせ泣いた物ものですが、その冷蔵庫の

中でいろんなものが腐ってはいないだろ

うか。残さないで食べきることがどうして

こんなに難しいのか、特に宴会やパーテ

ィーで。坂本さんも内田さんも、素敵な人

なんだろうけど、このお二人を呼んだ小

学校も素敵な学校だなぁと思う。

今日、いただくいのちに・・・合唱

日本一心を揺るがす新聞の社説

みやざき中央新聞   より掲載

カウンセリング、心理学講座の

ご要望はこちらから